結婚指輪は手作りがナンバー1|思い出で輝くRing

リング

基本的な形を知る

リング

結婚指輪は指輪でも様々な形があります。スタンダードなデザインがソリティア、メレ、パヴェです。その中でもソリティアが最もオーソドックスな形と言われており、この形の指輪を付けている方が多いでしょう。ダイヤが1粒のデザインになっています。その他にはなんも石が付いていないため、非常にシンプルですがとてもダイヤが目立ちます。メレは大きなダイヤが付いている周りに、小さな石があしらわれています。小粒の石はピンクなどカラータイプに出来るので、指先を華やかに出来るでしょう。パヴェは指輪に沢山の宝石が敷き詰められています。3つの中で最も石の数が多く、その分輝きも他と比べ物にならないくらい輝いています。石が多ければ多いほど値段も上がっていきます。

このように結婚指輪の特徴を理解していると、どのタイプが良いのか決めることが可能なためまずは、スタンダードなデザインから知っていると良いでしょう。最近は婚約指輪と重ね付けをする方もいるので、その点も考えながら結婚指輪選びはした方が良いです。ただ愛を証明するものでは、ファッションとしても身につけることが可能なため、デザインはじっくりと考えて選ぶようにしましょう。指輪によって予算などもだいぶことなることから、2人でいくらまでと決めておくことも重要です。予算やデザインの意見が合わないことから喧嘩をしてしまうカップルもいるため、2人で話し合うことが重要です。そして、結婚式を挙げるカップルは式を挙げる半年前までには結婚指輪を決めて、注文をした方が良いです。その方が余裕を持てます。